Loading...
メニューとじる

2018年はギフトがキーワード〜3ビズ新年会開催〜

choinacaの矢口です。今年もよろしくお願いします。

3ビズコミュニティ、2018年も新年会でパワフルにスタートしました。今年で3回目の新年会には、総勢43名の卒業メンバーが集結。

3ビズは個性豊かなタレントがいっぱいです。

DAUCHO WILD KITCHEN」のみこちゃんによる「商売繁盛!ダチョウの卵の鏡割り」でスタート。

ブルゾンちえみとにゃんこスターと平野ノラ?愉快な3biz womenたちの爆笑ショータイム。

パワフルな6期メンバーによる即興演奏。

スマイルおやつお届け便」あっちゃんによる手づくりのガレット・デロワ。

新年会恒例書き初め大会。それぞれの誓い。


その他いろいろ楽しい余興が盛りだくさん、あっという間の4時間だった。

おたのしみの料理は、持ち寄りランチ「Potluck(ポットラック)」。それぞれの「この食事をみんなで分かち合いたい」というギフト精神で、会費わずか500円ながら、ものすごく豊かな食卓を仲間と囲むことができた。これぞ幸せだ。

ビストロ開店を目指す「Sante maman」みえちゃんの赤ワインチキン煮込み

春日部「パン小屋ファームKIKI BASE」たかちゃんの手づくり塩パン。

2018年、この「ギフト」が、わたしたちのコミュニティにとってのキーワードだ。ギフトエコノミー(贈与経済)という言葉がある。お金とモノの等価交換で成り立つこれまでの経済のしくみはもう破綻していて、今や問題だらけ。それに代わる経済のしくみ、与えあいから循環する経済を創ろうという考え方だ。誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送る恩送り=ペイフォワードのしくみを取り入れたレストラン「カルマキッチン」は有名だ。

このギフトエコノミーを概念として理解するのでなく体感したい。ということで、新年会では地域通貨ならぬ「3ビズ通貨」のシステムをつくると宣言した。誰かに贈ったものが巡り巡って、まったく違う形で自分のもとに返ってくる、そんな実感ができたら見返りを求めずに自分のできることからどんどん与えられる。お金がなければ生きられない!という恐れや焦りを、意外なまでに簡単に手放すことができるんじゃないだろうか?この仮説をもとに、まずはみんなで試運転!とてもワクワクしている。

ということで、笑いとエネルギーいっぱいの3ビズ新年会。今年も新文明に向かって、みんなで小さく愉しく進んでゆきます。

今年もどうぞよろしくお願いします。